性病(STD)治療薬は個人輸入で購入!

感染に気付いたら、まずは病院へ行くことが大切です。
医師の診断を受け、感染が確認された場合、病気により様々ではありますが、基本的には1週間~10日程の投薬治療を行います。

しかし、性病(STD)の中には性器ヘルペスなど、一度感染してしまうと、再発の危険性の高いものもあります。
発症の度に病院へ行くことが難しいという人は、個人輸入で抗生物質を購入し、投薬治療が行うのもひとつの方法と言えるでしょう。

個人輸入とは?

個人輸入とは、薬事法で求められている正規の薬剤購入方法です。

外国の製品を個人で使用する用途でのみの購入を許可されています。
そのため、購入の数量にも制限があり、処方せんなどの場合は1ヶ月以内、その他の医薬品・医薬部外品は2ヶ月以内と定められています。
個人で使用するための場合が認められているため、転売はもちろん、知人友人への譲渡でさえ違法となります。
また、数量制限があるため、転売を疑われるほどの大量購入もできません。

基本的に海外業者から購入することになりますが、現在は個人輸入代行の通販サイトが数多く存在するため、それらを利用するほうがスムーズでしょう。
個人輸入代行サイトに、商品の注文・支払いを行えば、代行サイトが言語や通貨の違いなど海外業者との面倒なやりとりを引き受けてくれます。

一度感染してしまった性病(STD)が再発した!などという場合、こういった個人輸入代行サイトを利用すると便利かと思います。

性病(STD)をきちんと理解しよう

性病(STD)は、私達の誰にでも関係のある病気です。
正しい知識を身につけ、まずは感染予防。
そして感染してしまった場合は、早期発見を心がけ、適切な治療を行いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ