性病(STD)とは

性病(STD)とは、性行為により感染する病気のことです。
自覚症状が薄いものもあるため、感染しても気付かずにいると、知らない間に病気が進行している場合があります。
STDとは、“Sexually Transmitted Diseases”の略です。

性病(STD)と一口に言っても、様々です。
有名なもので言えば、エイズと呼ばれるHIV感染症や、性器クラミジア、梅毒、カンジダ症、クラミジア感染症などがありますが、どれも細菌やウイルスなどの病原体が引き起こす感染症の一種です。
感染症には空気感染をするはしかや結核、飛沫感染をするインフルエンザ、接触感染をするO-157があります。
そのうち、性病(STD)は性行為による接触感染で起こります。

性病(STD)の感染について

性病(STD)は、感染している人との
・セックス
・アナルセックス
・オーラルセックス
などによる性行為によって感染します。
病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこるのです。

性行為以外の日常生活においては通常感染しません。
・回し飲み
・握手
・お風呂
などを性病(STD)感染者とした場合には通常感染することはありません。
これは、性病(STD)の病原菌が単独で生き延びることはできないためです。
また、不潔にしているからや、マスターベーションをしたからといって自然発生することもありません。

さらに、性器カンジダ症などはパートナーから感染する場合もありますが、元々人の体内にある菌とも言われ、免疫力低下によって発症する場合もあります。

誰でもかかる可能性はあります

一昔前まで「性病・性感染者」というと、一般には関係ない風俗街の病気というイメージでとらえられていました。
しかし近年ではごく普通のカップルにも広がっています。
性行為は人間が生きていくための大切な行為です。
そのため、性感染症は誰にでも関係のある病気なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ